近年では単身向けの格安引っ越しプランを扱う業者が増えており、安心して任せる事ができます。

MENU

荷物運搬方法

初めての1人暮らしは、お金に余裕がなく、家具や家電など現地で揃える物が多いので自力で引っ越しをする選択をする方も多いです。
ここでは、引っ越し業者を利用するか、自分でやるかの選び方のポイントをまとめました。

 

 

自力で引っ越しをするには、車と人手が必要

 

トラック

引っ越しは身体1つで出来る事ではなく、最低限の荷物を運ぶ車が必要です。
軽やコンパクトカーなど、荷物の積載性がない車種でも、自分の車を持っていれば洋服や小さい家電など1人で運べる物もあります。
業者に頼む場合でも、車を持っているのであれば運べる物は、自分で運んで家具や大型家電だけ業者に依頼すると費用を抑えられます。
トラックや、1BOXなどの大きな車を持っていれば引っ越しを全て自分でやる事もできますが、荷物によっては1人では運べない物もあるので、助っ人を用意する必要があります。
車は自己所有でなくても、貸してくれる知人がいないか声をかけたり、レンタカーを活用する方法もあります。

 

 

1人暮らしの引っ越し相場

 

引っ越しの料金は業者や荷物の多さによって違いますが、初めて1人暮らしをする人に人気の2トントラック1台、搬送員2名、近距離のプランの相場は3万円から6万円です。
安い業者を探せば、自分でレンタカーを借りて、手伝ってくれた人に謝礼を渡したりする費用とほとんど変わらないくらい、安くできます。
近年では単身向けの格安引っ越しプランを扱う業者が増えています。

 

 

業者を利用しても手間はかかる

 

引っ越し業者を利用しても、荷物のダンポール積めや、置き場所の指示などの手間がかかります。
洋服などは、自分でハンガーにかけたまま車で運んでしまった方が手間が少なくなる事もあります。
他にも日程調整や、見積りの打ち合わせなどが必要になります。

 

 

自分で引っ越しをする時は、荷物や壁紙の破損に注意

 

引っ越し時の荷物の搬出入は、素人がやると荷物を破損させたり、部屋の壁紙を傷付けるリスクがあります。
賃貸住宅は退去時に壁紙の修理費用を借主負担にしないといけないので、せっかく手間と労力をかけて自力で引っ越しをしても、ちょっとした傷のせいで、業者に頼むよりもお金がかかってしまう事があります。
引っ越し業者に頼めば養生や、保険などがしっかりしているので、安心して任せる事ができます。